外来種のアメリカナマズを釣りに湖へ

生き物
この記事は約5分で読めます。

ブログランキング・にほんブログ村へポチっと応援お願いします

今回は日本で大繁殖し、生態系を破壊しているアメリカオオナマズ(別名チャネルキャットフィッシュ)をなんと釣りに行ってきて、実際に調理して食べてみました。

私は元々こういう外来種とかを食べてみたい!という特性を持っていますので行く前からウキウキ♪

絶対につるぞーーー!  

スポンサーリンク

はじめに

さて、今回はかの有名なチャネルキャットフィッシュこと、アメリカオオナマズを釣りに行きました。

元々外来種に興味があった私は友人からのアメリカオオナマズ釣りに行こうぜ!という誘いには飛びつきいざ出発。  

と、その前にアメリカオオナマズとは何なのか、生息地や釣り方などを話していきます。  

そもそもアメリカオオナマズとは?

アメリカナマズとはチャネルキャットフィッシュとも呼ばれる、条鰭綱ナマズ目アメリカナマズ科に属する淡水のナマズです。

原産国はアメリカやカナダ、メキシコの北米に分布しており、日本には1971年、食用として持ち込まれたものが自然に繁殖してしまっています。

現在は霞ケ浦、江戸川、利根川などに広く分布してしまっており、2005年に特定外来生物指定されています。

このアメリカナマズですが釣りの対象漁としてはかなり人気で、その貪欲な食性や引きの強さが人気のポイントのようです。

現在では地産地消品として、地元で捕獲したアメリカナマズを食用としている地域もあるようです。

釣り方

次に簡単に釣り方を紹介していきます。

と言っても竿、リール、ライン、リーダーはシーバス用のものを参考にして何も問題いりません。

バスロッドに強めのラインを巻いても大丈夫ですのでこのあたりの詳しい説明は省きます。

針はこれもバス釣りで使うようなオフセットフックやマス針で十分です。

これに餌としてレバーや塩辛を使用しました。

釣り方は基本的には待ちです。

餌を付けていそうなところに投げ込み、待つ。餌がなくなったら交換してもう一度。この繰り返しです。

と、釣り方は大体こんな感じです。

バス釣りをしている方は餌を買うだけですし、していない方でもシーバスやブラックバス用の装備をそろえていただければ問題ないです。

それでは実際に釣っていきましょう!

スポンサーリンク

実録釣行編(日記形式になります)

場所は茨城県の某湖です。都内から電車で二時間ほど。

電車で近くまで行ける上すぐそばにコンビニがあったのでなかなかにいいロケーションでした。

到着時間はお昼前。

最初は湖に流れ込む川から攻めます。

友人の話ですと、アメリカオオナマズの活性が高くなる朝まずめ、夕まずめを狙うのが確実らしいのですが、日中から音楽をかけてのんびり竿を垂らしていました。  

釣りに行ったのは5月だったので気候も良く、とても気持ちよかったです。なのでここはもう雰囲気を楽しむ時間。

竿なんてほったらかしでのんびりしてました(笑)  

      ノーヒット。。。。

案の定です、期待はしていません。  

時間帯も場所も良くなかったのか一切反応がありませんでした。

その上流木がどんどん流れてきて糸が絡まってしまうためその場所は引きあげ。

コンビニで休憩し、湖へ向かいました。  

湖はこんな感じでした。  

  アメリカオオナマズを狙うには夕まずめが本当にいいらしいのですが、この日は日帰りの予定だったので夕まずめを狙うことは断念。残りの時間めいっぱい狙っていきます。  

この時は塩辛を餌として使用しました。(自分の餌はカツカレーです。)  

粘ること1時間程…  

遂にヒットしました!!   (友人が)  

こちら、友人の本日初フィッシュ。見事なアメリカオオナマズです。

サイズはまぁ普通、そこまで大きくはなかったですね。  

こいつは塩辛で釣れたそうなので私も塩辛で続行。10分後……  

釣れました!

先程の友人のやつより少し大きいかな?

ついに人生初のアメリカオオナマズを釣り上げました!(顔はモザイクです。)  

ラインはPEのそこそこ強度のあるものを使っていたのですがそれでも中々引いてきてとても楽しかったです。  

その後も釣りを続けて3人で合計4匹、釣ることができました。

初めてにしてはなかなかの成果です。( ̄~ ̄)  

しかし時間も迫ってきており終了、ちょうどこれから夕まずめで活性が高くなってきた!というところでの終了だったのでとても残念でした。  

スポンサーリンク

後日談、食べちゃった。

  帰宅後、次の日に友人宅にて釣ったアメリカオオナマズを食べてみました。  

私は元々外来種食にとても興味があったため、自分で調達して自分で調理してというとてもいい経験を得ることが出来ました。  

こちらがアメリカオオナマズで作ったお鍋です。。。。  

ナマズは!?!?   下に埋まっております()  

元々食べている所はブログに書く予定がなかったので写真は全然ないのですが、アメリカオオナマズを使ったメニューは、  

・ムニエル

・鍋

・フライにしたナマズバーガー

・唐揚げ  

を作りました。  

下処理として牛乳に浸けたりとできるだけ臭みを抜く処理をしたのですがムニエルは少し臭みがあったようです。

(自分の舌では全く感じませんでした…orz)  

しかしナマズバーガーや唐揚げは白身魚のフライそのものでとても美味しく、鍋も特に臭みがなくタラのようで美味しかったです。  

川魚ですので、生食は怖くてさすがに出来ませんでしたが、揚げ物にするのであればかなり行けるのではないかという結果になりました。  

さて、次回はもちろん泊まりで夕まずめ、朝まずめを狙っていきたいと思います。

ただこの場所は駅から近いためか車に対して厳しいようで、釣りをしている最中、車で来ていないか聞かれました。なので電車で行くことをオススメします。  

ちなみにほかの外来種採集編でハリネズミの記事もありますのでこちらもおすすめです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント


Warning: Use of undefined constant php - assumed 'php' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/ss301021/tetra9064.com/public_html/wp-content/themes/cocoon-child-master/tmp-user/footer-insert.php on line 1