顔のニキビ、べたつき対策にはベビーパウダーが最適!スキンケアにも

スポンサーリンク
生活

ブログランキング・にほんブログ村へポチっと応援お願いします。

皆さん、顔の皮脂によるべたつきやニキビ、肌荒れにお困りではないですか。

いつも顔が油でべたつき、テカってしまいさらにはニキビもできてしまう。。いくらニキビ用の薬を塗っても全然治らないという悩みを抱えている方は非常に多いです。

今回はそんな悩みを解決し、きれいな肌にする手助けとなるアイテムを、ベビーパウダーの効果とその使い方についてご紹介します。

ベビーパウダーはニキビだけでなくスキンケアにもなるので、少しでも肌を綺麗にしたいと思うのであれば是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ベビーパウダーが肌に与える嬉しい効果

そもそもベビーパウダーとはどういうものなのか。イメージ的には赤ちゃん用であせもなどに塗る物であって大人が使うようなものではないと思っている方も多いのではないのでしょうか。

しかし、ベビーパウダーは赤ちゃんでも使えるほど害のないもので、肌に優しいものです。それがニキビや肌荒れにも効果があるのだとしたら使わない手はないですよね。

ベビーパウダーが肌に与える嬉しい効果は以下になります。

あせも、ただれ、おむつかぶれを防ぎ、お肌を保護します。と書いてありますね。

そしてWikipedia様にはこう書いてあります。

作用としては微細な粒子による毛細管現象で水分を吸い上げ、澱粉によって湿度を適度に保ち、滑石によって皮膚表面を滑らかにする。決して乾燥させるわけではなく、皮膚同士の摩擦を少なくすることによって、あせもをできにくくする。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ベビーパウダー

澱粉によって湿度を適度に保つ、とあります。

今回注目するのはこちらの効果で、これにより顔の湿度を適度に保ちニキビや肌荒れを予防していこうということです。

スポンサーリンク

ベビーパウダーを1か月間使用してみた効果

私はこのベビーパウダーを毎日、朝と晩の洗顔後に使用していました。

率直な感想を述べると、

顔のべたつきが一切なくなり、ニキビが出来ることもほとんどなくなりました。

と、いうのも洗顔、化粧水、乳液と塗っていくと、私の肌の場合乳液を少し塗っただけでもすぐにニキビが出来てしまう状態だったので、あまり乳液を塗ることができず、保湿ができない状態でした。

しかしこのベビーパウダーを乳液を使用した後に顔に漬けることで無駄な油分を省き、肌をサラサラにして二規模ができることを防いでくれます。

このため、しっかり乳液をしようすることができるようになり、今までの保湿していない状態が改善されました。

それにより、先ほども言ったように顔がべたつくこと、ニキビが出来ることが減ったとともに保湿できていることからか、毛穴が少し目立たなくなり、肌のトーンも明るくなりました。

今はまだ一か月ほどしか使用していませんが、このまましっかりとケアを続けていけば、かなり肌質が改善されると思われます。

それに関してはまた区切りのいい時期に記事にしようと思います。

スポンサーリンク

ベビーパウダーの使用方法

さて、ここからは私が実際に行っているベビーパウダーの使用方法についてご紹介していきます。

主にべたつきを防止するために使っているのですが、そのべたつきの原因となってしまっているのが洗顔後に使用する乳液です。

ですので、洗顔、化粧水、乳液と使用し、その後に使用します。

具体的な使用方法を説明していきます。洗顔、化粧水、乳液に関してはこちらの記事でも詳しくご紹介しているのでこちらも参考にしてみてください。

では、まず洗顔をし、化粧水をつけていきます。この時ポイントとなるのが化粧水がしっかりと顔に馴染んでから乳液を付けること。そして乳液をつけすぎないことです。

ひとつずつ説明していきます。まず化粧水をたくさんつけ、馴染ませることをせず、すぐに乳液を付けてしまった場合、乳液をしっかりと塗ることができず、保湿がおろそかになってしまいます。

また、乳液をつけすぎるとべたつきすぎてその後のベビーパウダーがうまく乗りません。かならず乳液をつけすぎないように心がけてください。さらにベビーパウダーに移る際には乳液もしっかり馴染んでから使用してください。

さて、次にベビーパウダーの使用法ですが、なるべく上から下に向かって、手で伸ばしていく形になります。というのも、下から上に手でこすりつけると毛穴に押し込んでしまう形になってしまうからです。顔がさらさらになるくらいまで伸ばしてください。

これを毎日朝晩行うことでニキビや肌荒れを抑えるだけでなく、しっかりと乳液を塗ることができることから、保湿効果も高まり、さらに肌が綺麗になる効果も見込めます。

スポンサーリンク

使用上の注意点

次に使用上の注意点を書いていきます。

毛穴が詰まってしまう!?

これは適切な使い方をしていれば特に問題ありません。

気を付けることは以下の3点です。

・直接肌に付けず、化粧水や乳液の後に使用すること。

・乾いた肌に使用すること。

・なるべく下から上に向かって塗らないことです。

これらをきちんと守っていれば毛穴が詰まるリスクはほぼないと考えてよいでしょう。

呼吸器系に影響が出る?

とくにそういうことは起こりません。大量に吸い込むなどをせず、適切な使用をしていればそのリスクはないと考えてよいでしょう。

乾燥肌に悪影響!?

これに関してベビーパウダーは余分な油分や水分を除去するので多少影響は出るかもしれません。ですので必ず直接肌には塗らず、化粧水や乳液を使用した後に使用するようにしてください。

スポンサーリンク

まとめ

以上が私が実際に行って、ニキビが出来なくなり、肌が前より綺麗になったベビーパウダーの使用方法です。

ポイントとしては洗顔、化粧水、乳液の後に使用すること。しっかりと乳液などが肌に馴染んでから使用すること。下から上に向かってこすらないこと。です。

これっらをしっかり守って、べたべたなニキビ肌とはおさらばしてください。

ブログランキング・にほんブログ村へポチっと応援お願いします。

コメント