【化粧水編】メンズ化粧水の正しい使い方とタイプ別厳選おすすめ3点!

生活
この記事は約9分で読めます。

皆さんこんにちは。

最近のトレンドとしてどの年代の男性もしっかりとスキンケアをする方が増えてきており、女性の注目も男性の顔の肌に集まっています。

しかし、いざいきなりスキンケアと言われても、洗顔や保湿、日焼け止め等、どのようにすればいいのか、何を使えばいいのか、たくさんあって難しいですよね。

そこで今回はスキンケアの内の大事なプロセスのひとつ、化粧水に注目してその使い方やおすすめの化粧水についてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

化粧水の役割とは?

化粧水の目的とは肌に水分、つまりうるおいを与えることです。

健康な肌であれば、適切な量の水分と油分が肌に含まれており、毛穴やニキビなどが目立たない綺麗な肌をしています。

しかし、この水分油分のバランスが崩れている方の場合、水分不足によって毛穴が開いて目立ったり、油分が過剰に分泌されている方は毛穴が詰まって炎症を起こし、ニキビが発生してしまいます。

さらに、洗顔後は肌表面の油分が失われているため、何もケアを行わずに放置しているとどんどん水分が失われていきます。

これを防ぐために洗顔後、肌にうるおいを与えることが化粧水の役割となります。

※男性の方が女性に比べて油分が多いため、水分が少なく乾燥しやすい傾向にあります。

ですので男性こそ化粧水にはしっかりと気を使うべきなのです。

スポンサーリンク

化粧水の効果的な使い方

化粧水をただ顔にばちゃばちゃつけているだけではありませんか?

それでも使用しないよりはましなのですが、やはりちゃんとした使い方に比べると効果は全然違います。

それでは順に化粧水の効果的な使い方をご紹介していきます。

コットンを使うか否か

コットンなどを使用するよりは手で行う方が効果的な面ではおすすめします

手で化粧水をつけることにより、手の体温で化粧水が温まり、より肌に浸透しやすくなります。

また、手を使用することでコットン等の繊維によって肌が傷つくこともありません。

だからと言ってコットンがダメ!というわけではありません。

手は常にいろんなところに触れるため、常に雑菌にまみれており、それらを顔に塗りつけることになります。

その点、コットンであれば清潔ですので、そのような雑菌の心配をする必要はありません。

しかし、コットンを何回も何回も使いまわすようであれば、その分余計にコスパがかかってしまいますので、個人的には手を使って化粧水をつけることをおすすめします。

手でこするのはNG!

化粧水をつけるとき、手でこすってはいけません。肌に軽く押さえつけるように全体に化粧水を乗せていくように肌に浸透させていきます。

塗り広げようと手でこすりたくなる気持ちはわかるのですが、そのような方法を続けていると、将来顔がしわだらけになりかねません。

また、ニキビがある方ですと、誤ってそのニキビをこすってしまい、将来のニキビ跡を作ってしまうかもしれません。

ですので、化粧水をつけるときには、肌への摩擦による刺激を最小限に抑えるために、絶対に肌をこすらないように、優しく肌に乗せていくようにしてください。

化粧水は重ね掛けをしろ

化粧水の目的とは失われた肌に水分を与え、うるおいを持たせること。

よく化粧水は量をたくさんバシャバシャ使った方がいい!!というサイトは見かけますが、化粧水を一度にたくさん使ったからと言って化粧水が使った分だけ肌の上に乗っている!なんてことはありませんよね?

バシャバシャと使った大半の化粧水は排水溝へと流れて行ってしまいます。

それなのにたくさん使った方がいい!と言われても説得力はありませんよね?

しかし、肌にたくさん化粧水をつけた方が良いというのは事実です。

では一度につけることのできる化粧水を増やすために、量ではなく回数を増やしましょう。

洗顔後、化粧水を付けた後、肌を触ってみても水分が付かないなーというくらい肌に馴染んだらもう一度化粧水をつけます。

これを最低2回、できれば3回行ってください。

これを行った後、肌が少しもちもちして、ひんやりとしているはずです。

1回で大量に使ったときと比較してみるとはっきりと違いがわかるはずです。

必ず馴染むまで待て

化粧水を顔につけた後、まだ肌が濡れたまま、美容液や乳液を付けたりしていませんか?

これは絶対にNGです。

化粧水がしっかり馴染んでいない状態で美容液や乳液を付けてしまうと、乳液などを顔につけることができていない状態になり、効果を発揮してくれない上、化粧水もちゃんと浸透させることができないままになってしまいます。

ですので、重ね掛けの所でもお話したのですが、必ず、肌に触れてみても化粧水の水分が手につかなくなるくらいまで馴染ませてから、次の乳液などに移りましょう。

スポンサーリンク

男性こそ導入化粧水を使おう

化粧水を使っていて

    「顔の表面にはついてるけど、浸透している感じがしないなぁ」

と感じている方、実はたくさんいらっしゃいます。

男性の方に多いのですが、顔表面にある油分の邪魔をして化粧水がうまく浸透できていない状態です。

なぜこのような状態になるのか。

それは先に男性の方に多いと言ったのですが、元々肌の油分が多い方は洗顔をしても油分が残り、化粧水が浸透できるような肌状態にならず、洗顔をしたのに化粧水を使っていないような状態になってしまうからです

こうなると、肌の内部はどんどん乾燥していき、水分が補充されず、どんどん油分の割合が多くなり…という悪循環に陥ってしまします。

この悪循環を手っ取り早く打破するためにお勧めなのが導入化粧水と言うものです。

導入化粧水とは?

導入化粧水とは、簡単に言えば「化粧水の前に使用し、肌に化粧水を浸透させやすくする。」という役割を持っています。

洗顔、化粧水、乳液と絶対的に必要な部類には入らないのですが、追加で行うと使わない時と比べてかなり大きな効果を得られます。

基本をしっかりと押さえた上で、まだ物足りない、化粧水があんまり浸透している気がしないと感じている方は導入化粧水を試してみましょう。

おすすめの導入化粧水

おすすめする導入化粧水は無印用品から販売されている導入化粧水でしょうか。

私が今まで使用した中で一番効果を感じられ、現在も使用しています。

値段は2000円程と少し高めかもしれませんが、見た目もよく、付け心地がとても良いのでおすすめです。

導入化粧水として一番有名で、その効果も折り紙付きです。


無印良品 導入化粧液 200ml

スポンサーリンク

自分の肌タイプを見極めろ

それではおすすめの化粧水をご紹介する前に自分の肌タイプを見極めてみましょう。

ここをしっかりと分析し、自分の肌タイプを見極めることで化粧水の効果が大幅に変わってきますので、めんどくさがらず、しっかり見極めるようにしましょう。

肌質をチェックしてみましょう

まずは通常通り、洗顔を行います。

顔の水分をしっかりとふき取ったら、すぐに肌を触ってみてください。

この時に手に油が付くようであれば脂性肌です。

逆にガサガサしているようであれば乾燥肌でしょう。

油もつかず、ガサガサもしていなければ、そのまま5分ほど待ってみましょう。

5分後、肌がガサガサしているようであればインナードライな肌をお持ちのようです。

これらに該当しない方はちゃんと洗顔ができていないか、とても健康な肌をお持ちの方でしょう。

それでは肌タイプ別のケアの仕方をご紹介していきます。

脂性肌の人は乳液を薄めに

脂性肌の方はしっかりと化粧水をしっかりと付けた後、乳液の量は多少控えめに使用しましょう。

脂性肌の方が乳液をつけすぎると毛穴が開いて目立ってしまったり、最悪毛穴が詰まり、ニキビが発生してしまいます。

全体に塗りつつ、べたつき過ぎない量に抑えるようにしましょう。

乾燥肌の方はしっかりと

乾燥肌の方はそもそも肌の水分も油分も足りていない状態ですので、化粧水は重ね掛けをし、しっかりと馴染むまで使用して下さい。

また、乳液もそれぞれの適正量をしっかりと使用するようにしてください。

インナードライの方は導入化粧水を

インナードライの方は肌の内側が乾燥していて、表面は脂性肌の方のようになってしまっている状態です。

このような肌質の場合、表面に脂質が多いため、水分である化粧水が浸透しにくくなっている可能性があります。

ですので化粧水はしっかりと使用し、乳液は肌の様子を見ながら適量を使用するのはもちろんですが、それに加えて導入化粧水でさらに化粧水が浸透しやすくしてあげるとより良い効果が得られます。

スポンサーリンク

おすすめ化粧水3選!

ここからは実際におすすめできる化粧水を3つご紹介していきます。

※青い文字の部分を押すと公式ページを閲覧、又は商品の購入をすることができます。

suelos〈スエロス〉ワイルドタイムスキンケアローション

suelos〈スエロス〉ワイルドタイムスキンケアローション

まずは2019年9月~10月にかけてインターネット上で行われたアンケートで、女性が男性に使ってほしい化粧水ランキングで1位を獲得した(スエロス)ワイルドスキンケアローションです。

この化粧水は化粧水の中でかなり珍しい泡タイプの化粧水となっており、泡のおかげで手から受ける摩擦をなくし、浸透力の向上、毛穴引き締め、血行促進といった効果を実現した新感覚の化粧水になります。

男性向けに開発され、一本で2か月使用することができるためコスパもそこそこと言ったところでしょう。

NULLメンズ化粧品エイジングケア化粧水

乾燥肌・敏感肌にエイジングケア化粧水【NULL フェイスローション】

エイジングケアとは年齢に応じたケアという意味で、乾燥肌の20代男性、テカリやすい30代男性 、かさつきからお肌がヒリつく40代男性のすべてをターゲットとした男性用の化粧水となっております。

メンズコスメ業界大手のNULLから出ており、(うるおい)、(低刺激)、(エイジングケア)をメインに考えた商品となっているので、その効果は保証できます。

迷っていたらこれを選ぶとよいでしょう。

MONOVO オールインワンジェル

アブラ肌、乾燥肌、混合肌などの男性特有の肌トラブルに!MONOVOのオールインワンジェル新規獲得プロモーション

最後はMONOVOのオールインワンジェルです。

オールインワンジェルというのは、化粧水、美容液、乳液、クリームをこれひとつですべて行ってくれる優れものです。

ケアのめんどくさい方やコスパを抑えたい方におすすめです。

このオールインワンジェルは現在大変話題となっており、公式サイト内でリアルタイムでどんどん売れていく様子を見ることができます。

よくわからないけどとりあえずいいケアをしたい!けどコスパは抑えたい!めんどくさいことはしたくない!そんな場合にお勧めです。

スポンサーリンク

自分に合ったものを探そう

ここまでケアの仕方、おすすめの化粧水を紹介してきましたが、人はそれぞれ違った肌を持つので、何が自分に最適か試行錯誤していくしかありません。

種類がたくさんありすぎてわからない!という方はとりあえず有名どころを試してみることをおすすめします。

有名な商品と言うことはそれほど売れているということ。ということは多くの方の肌に良い効果をもたらしているということです。

ぜひ、この記事を参考に自分に合った化粧水を探してみてください。

※本サイトで紹介している方法、商品により何らかの不利益を被ったいかなる場合においても責任は負いかねます。

コメント


Warning: Use of undefined constant php - assumed 'php' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/ss301021/tetra9064.com/public_html/wp-content/themes/cocoon-child-master/tmp-user/footer-insert.php on line 1