害獣駆除業者。見積もり、駆除までどんな感じ??

生活
この記事は約5分で読めます。

ブログランキング・にほんブログ村へポチっと応援お願いします

本日はなんと我が家に害獣が出てしまったので、呼んだ業者さんのことやいくらくらいかかるのかの見積もり、駆除の手順について話していきたいと思います。

スポンサーリンク

害獣が出たことに気づいたきっかけから害獣駆除業者さんを呼ぶまで。

はい、まず我が家に害獣が出てしまったと気づいたキッカケについてお話していきます。

と、言ってもそこまで長いエピソードはないのですが、私の家は親と兄との4人暮らしをしておりまして、私の部屋が2階にあります。

その時私は自室でps4でAPEX Legendsというゲームをしていたんですが、

「ガサガサガサガサッ、ガリガリガリガリッ」

という音が聞こえていました。

ヘッドホンをしてゲームに集中していたのに聞こえるくらい大きな音でなんだろうと思ったのですが大方家族の誰かが隣の部屋で荷物をいじっているんだろうと思っていました。

その後ゲームを休憩している間、また聞こえてきました。

「ガサガサカリカリ」 隣の部屋を確認してみたら誰もいないし、音が聞こえてくるのは壁の中からでした。。。

「まじか。。。」

家に害獣が出るなんてまさか思っていなかったですから、壁の中で正体もわからないですし、とても怖い思いをしました。

だって壁に近づいて音を聞いてみると猫くらいの大きさはありそうな音がするんです。

これはやばいと思い、家族総出で駆除業者さんを調べました。

調べてみて初めて知ったのですが、駆除業者さんって意外と個人でやられている方も多いようですね。

でも今まで害獣駆除など依頼したことがなかったので、初回一括払い、見積り無料の法人様に依頼しました。

スポンサーリンク

業者さんが家に来てから確認、見積もりまで。

さて、法人様に依頼したところ、その日のうちに4時間後に来てくれることになりました。

仕事が早い。。。   どきどきしながら待つこと4時間、業者のお兄さんがおひとりで登場。

問題の箇所を説明したところ、屋根裏の点検口がすぐ近くにあったため、屋根裏へと旅立っていかれました、、  

しばらくガサゴソした後、1階と2階の間を見れないかとのことで、我が家はユニットバスでしたので、そこから確認。

あとは床下を見せてくれと言われ確認したところ、我が家に出現した害獣は……… <

「ネズミでした。」

  おおう、、ネズミ…普通に住宅地に出るんだな…  

実際にネズミがいたわけではなかったそうなんですが、ネズミの糞や、ネズミに食べられた虫が落ちていたそうです。

ちなみに業者さんが来た時には私が聞いた物音はすっかり無くなっていたのでほかの所へ移動してしまったのでしょう。

また1つ衝撃だったのが、床下を通っている下水だか上水だかのホースの外側が噛まれて、裂けてしまっていたことでした。

ネズミという生き物は一生前歯が伸び続けてしまうため、常に何かをかじっていないと前歯が伸びすぎてものを食べられなくなるそうです。

ですので、ホースをネズミがかじっていたということでしょう。。。

恐ろしや…

そしてもう1つ衝撃だったのが業者さんの見立てだと3ヶ月も前から住み着いているだろうとのことでした。

しかし今回以外で物音を聞いたことはありませんでした。

と、いうのもネズミは屋根裏の断熱材の上を歩いてしまうとそれがネズミのクッション、またはベッドになって音が全く聞こえなくなるからだそうです。

恐ろしや……

さて、では駆除を依頼します。

見積もりを立てて頂いたところ、その業者さんはアフターケアを含めて初回一括払いのところで

25万円。。。」 わしが欲しいくらいや……

これには毒餌や粘着マット、侵入経路の遮断、ネズミの嫌う匂いを撒く、屋根裏などの消毒液の散布などが主に料金に含まれているそうです。

そりゃかかるわ…

侵入経路は塞がないといくらでも入ってきてしまうし、消毒は絶対必要、嫌う匂いをそもそも入ろうと思わせないという点で重要、毒餌と粘着マットはこれがないと始まりません。

そんな感じで契約をし、次回までに25万円を用意し、一括で払う形になりました。

あ、ちなみにその日は確認に1時間ほど、説明と契約に30分ほど時間がかかりました。

スポンサーリンク

1回目の対策

害獣がいることが発覚し、業者さんを呼んだ日は見積もりだけでしたのでこれといって対策はしませんでした。

その週の休日、一回目の対策をしてもらいました。

内容としては毒餌、粘着マットの設置だそうです。

後々侵入経路も塞ぐそうなのですが、まずは毒餌と粘着マットで引っかかるのかなど様子を見ていくそうです。

毒餌は計6つ用意していました。3つは毒入りの餌、3つは毒なしの普通の餌だそうです。

餌を屋根裏とユニットバスの上と床下に毒餌、普通の餌をひとつずつ設置し、その周りに粘着マットを敷き詰めていました。

なぜこのように普通の餌を置くのかきいてみたところ、ネズミは非常に警戒心が強い生き物なので、普通の餌も置いておかないと毒餌を食べてくれないからだそうです。

1回目の対策はこのくらいでした。

毒餌と粘着マットを設置し、様子を見るそうです。

(ちなみに粘着マットは30センチ以上厚みがありました。たくさん使うんだなぁ)

スポンサーリンク

今後の対策など。

さて、そんな感じで初回は終了致しました。 次回は2週間後だそうです。

計画としては侵入経路を塞ぎ、ネズミがいなくなったら消毒、またネズミの嫌いな匂いを撒いて終了だそうです。

ネズミがいなくなったかどうかどうやって判断するのか気になったので聞いてみたところ、ネズミはそもそも、家の断熱材の暖かさなどの他、床下や屋根裏にいる虫を目当てに住み着いてしまうそうです。

そこで業者さんの設置した粘着マットに虫がたくさん着くようになれば、もうネズミはいないと判断して良いそうです。

なんか嫌ですね…w

まぁ直接的な被害は虫自体にはネズミほどないからいいのかな、、、

と、以上が大体の害獣発見から駆除業者へ依頼、見積もり、駆除の流れの説明でした。

実際に我が家で起こっていることをそのまま書かせて頂いたので、なにか参考になればと思います。

皆さんのご自宅に害獣が出ないに越したことはないんですけどね、、、 それでは本日は以上です!(・ω・)ノシ

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント


Warning: Use of undefined constant php - assumed 'php' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/ss301021/tetra9064.com/public_html/wp-content/themes/cocoon-child-master/tmp-user/footer-insert.php on line 1