大学生の一人暮らしが仕送りなしで可能なのか調べてみた。

大学生
スポンサーリンク

ブログランキング・にほんブログ村へポチっと応援お願いします

本日は大学生が親からの金銭的な援助が一切なし(仕送りなし)でも1人暮らしをすることが可能なのか調べてみました!

結論から言いますと、正直厳しい…普通にアルバイトしているだけではまず無理。高時給のアルバイトを掛け持ちして、さらに節約節約でなんとか…という感じです。

それでは1人暮らしをするためにどれくらいのお金が必要なのか、
どうやって稼げばよいのかをご紹介します!

スポンサーリンク

学費はどれくらいなのか

国立・公立・私立のどの大学に通うかによって学費の
かかり方は大きく変わってきます。それぞれ順を追ってみていきましょう。

国立

まずは国立大学、こちらの一年間にかかる平均的な授業料は
ずばり約50万円!さらに大学によっては実習費など、その他にも
必要になる場面は多々あるでしょう。

これを自分で払うとなるとかなり大変ですね…

公立

次に公立の大学を見ていきましょう。実は公立の場合も
約50万円です。国立とあまり変わりませんね。

私立

最後に私立の場合です。こちらはなんと平均約100万円
倍です…おそろしいですね、これを自分ですべて払うとなると
とても厳しいですね…

私立の方は最低でも学費は親に出してもらわないとですね。

一人暮らしをするための生活費はどれくらいなのか

次に学費以外にかかる生活費を見ていきましょう。

家賃

まずは家賃ですね!東京都内ですと不自由なく生活できる
レベルの家で約6万円~ですね。

探せば5万円台のところもなくはないんですが、それ以下だと
風呂無しや、トイレが共用だったりします。

このような条件でも別に気にしない人であれば少し安く済みますね。

他にも安く済ませる方法で最近のトレンドなのがシェアハウスですね。
最近はしている人がとても多いようです。
シェアハウスしてもいいよー、というような人がいればしてみるのも
ありだと思います。多少の我慢は必要になりますが…

食費

次に食費です、こちらは欠かせませんね。こちらは一か月あたり
約3万円弱に抑えたいですね、こちらを一日に換算すると1000円
になります。

外食が多いようですとさらに費用がかさんでしまうのでなるべく
自炊をしたり、学食を活用したりして節約したいですね。

さらに節約する方法としてはアルバイトのまかないを活用する方法です。
居酒屋などでは夜飯代を浮かすことができるし、カフェで働いている
友人は廃棄のものを貰って朝ごはんや昼ごはんにしてましたね。

光熱費

こちらでは光熱費と書きましたが、家賃以外の生活していく上で
払わなければいけない経費についてまとめました。

電気代、ガス代、水道代、携帯代くらいでしょうか。
これらのうち、どれかを過剰に使ったりしなければ電気代、ガス代、水道代
で合計約1万円、携帯代で約8千円といったところでしょうか。

こちらで合計2万円弱かかってきそうですね。

娯楽系

0円!笑 そうもいきませんよね(-_-;)
こちらは人によりますが1万円以内には抑えたい所ですね。
それ以上行くとなると少し使いすぎかもしれません。

その他

その他の必要経費です。具体的には必要最低限の服代、美容院、
怪我した時などの治療費等の出費ですね。
特に治療費などは予想ができないので余裕をもっておきたいところです。

さらに将来のため、いざというときのための貯金まで視野に入れられると
いいですね!

以上、すべてを合計してみると12万円+その他の項目ですね。
うーん、なかなか厳しい…

仮に月12万円稼ぐとしたら一年間で144万円ですね。
それでは次に行きましょう。

扶養を越えて稼いでいいのか

次は扶養のお話です。聞いたこともある人はいると思いますが
ざっくり言うと、養われている人の税金の一部は取りませんよー
ってこと。すこしざっくりしすぎたかな?

簡単に言えば定められた金額を越えて稼ぐと税金を取られますよ
ってことです。そしてその定められた金額というのは103万円です。

あれ、さっき必要といった金額は144万円と言いました、越えますね…
では越えてしまうとどうなるのか見ていきましょう。

まず、103万円を越えてしまうと親が余分にお金を支払わなければ
ならなくなります。と言っても10万円程度ですので扶養を越える
ようであれば、損にならないようにガッツリ稼ぎましょうということですね
(雑ですいません)

ただし基本は皆、越えないように調整していますし、大手のバイト先になると
越えないように調整されることもありますね。

アルバイトは何をすればいいのか

さて、ではお金を稼ぐためにアルバイトをしようとなるわけですが、
どのようなアルバイトをすればいいでしょうか。

居酒屋

まずはド定番、居酒屋ですね。居酒屋でバイトをするメリットはたくさん
あります。まずはなんと言ってもまかないですね。食費の節約には欠かせません。
他には営業時間的に学校終わりに働くことができ、さらには夜22時以降ですと
深夜給として1.25倍の給料がもらえます。

ただし、場所によっては嫌なことも多々あるでしょう。それにも耐えられる
というなら居酒屋がいいかもしれません。

こちらの記事は2年以上居酒屋で働いていた経験から居酒屋バイトのメリットや注意点などを語っています。

カフェ

お次はカフェバイト!こちらは友人の体験談ですが結構サンドイッチとかが

貰えるらしいです。これを朝食や昼食として食べていましたね。こちらも中々
節約になりそうです。また、家から近ければ朝から働いて、その後大学に行く
というのもありですね。

ただし一度に働いている人数が少なかったりするとなかなか融通が利かなかったり
しますし、場所によっては冬でも半そでの制服固定のところもあるようです。

1人暮らしをするために節約するならばこのどちらかでしょうか。
それ以外でしたらもっと時給のいいところにするべきですね。

どれくらい働けばいいのか

例えば時給が1000円だったとします。
平日、大学終わりに19時から0時まで働いたとして、深夜給も上乗せして
5時間ですので5500円、仮に平日すべて働いたとして1週間で27500円
これを1か月続けると11万円になります。足らないですね。

これにさらに休日1日働くとなると、8時間ですので0時まで働いたとして
8500円、ですので1か月で34000円

この2つを合計すると14万4000円になります
お、意外と足りそうですね?

東京になると時給1300円なんてのも探せば意外とあるものですから
そちらでも計算してみましょう。

同じように5時間働いたとして7150円、これが5日間で35750円、
1か月で14万3000円になります。時給1,000円の時と比べ、
合計32時間も少ない時間でほぼ同じぐらい稼げてしまうんですね。

ですのでアルバイトだけで稼ぐ場合、時給が高く、シフトが切られない
居酒屋かカフェで働くといいでしょう。

ただし平日の放課後すべてバイトに捧げるというのは現実的ではないので
他にも収入源を確保できるといいですね。これに関してはまた別の機会に
書いていきたいと思います。

実際、どうすれば1人暮らしができるのか

ここでは要点を簡単にまとめていきます。

まず学費ですが、これに関しては親に払ってもらわないと無理ですね。

次に生活費ですが、アルバイトを時給のいいところで週5日くらいやれば
ぎりぎりなんとかなりますが、できればほかに収入面が欲しいところです。

あとは言ってなかったのですが初期費用ですね。これは30万くらいあれば
何とかなると思います。

結果として、大学生が親の仕送り無しで一人暮らしはできなくはないが、
あまり現実的ではない、ですね。

アルバイト以外の収入源が必要になります。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント